FC2ブログ

中野区計画道路に指定されて残り4年の茅葺屋根

2011年07月17日
0
0
わたくしごと
 東京都中野区に現存する唯一の茅葺屋根の江戸時代の農家を見学し​てきた。
白鷺、うちから歩いて15分くらいの所、中杉通りの阿佐ヶ谷に向かって左のこんもり茂った林のなかにあった。
なんとか残していきたいというメンバーの方達と一緒に見てきまし​た。
10年前まで住んでいたそうです。40年前にトタンで覆っていま​す。
2011-07-16-7.jpg

裏側から撮りました。
ドコモのGaraxy S-Ⅱで撮りました。
フラッシュがわからなくて、真っ黒も多かった。;_;
2011-07-16-6.jpg

主に沢庵を作っていた農家で、納屋もあります。
馬小屋もあったそうです。
2011-07-16-5.jpg

土間をあがったところにある庵

2011-07-16-4.jpg

1間ごとに柱がある作りは江戸時代か幕末とのこと。
建て増し、改築のあともみられて、大学の先生達が詳しく説明してくれました。
まったく知識のないアタシは、聞いているだけでした。(;^_^;)
10年前まで使っていたそうです。
2011-07-16-2.jpg


中杉通りを拡張する計画なんて、アタシが子供のころからある。
だけど、平成27年には立ち退き、更地にしてと中野区から通達が来ているとのこと。
計画道路のため、手つかずで残って来たらしい。
いまは、渋谷に住むご当主さまが、水やりに毎週来ている。
2時間かけて手入れしているそうです。

2011-07-16-3.jpg

こんな大きな樹が何本もある林がなくなってしまいます。
大きな木がたくさんある林は涼しい。
藪蚊もいっぱいだけど。

2011-07-16-1.jpg


どうやったら残して保存していけるのでしょうか。
アトリエで保存の会の人達は話しあってました。
区か都が買いとって、整備し、公園にする。
登録文化財にする。
署名運動をする。
更地にする時に移築できたらいいですね。
難しい問題です。
私は、林ごと残したいです。
Leia
Posted by Leia
東京都中野区上鷺宮在住
昭和初期のアトリエで講師さまにお願いして、教室を開催、アトリエでカルチャー、アトカルです。イベントも開いています。よろしく。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply